DREAM KICKER

仮想通貨による再生医療システムの構築

  • NEGTEC
  • #再生医療
詳細写真

仮想通貨による再生医療システムの構築

支援総額
0,000,000skb

目標総額:再生医療機器1台分

  • 0,000

  • 終了まで 100

  • NEGTEC
  • #再生医療

難治性骨折や糖尿病などによる重症下肢虚血状態を救うため、仮想通貨のブロックチェーン技術を生かし、厚生労働省の「先駆け審査指定制度」の指定を受けた最先端の再生医療を、民間の医療現場に拡げるためのプロジェクトです。

  • LINEで送る

プロジェクト詳細

■はじめに
SakuraBloomコインを発行している我々NEGTEC社は仮想通貨の持つブロックチェーン技術を社会のために使える場所を探してまいりました。その中で、海外と比較して先端医療技術が実際の医療現場に使用されるまでに時間がかかることを知り、仮想通貨を活用したサポートできる方法を模索し、このプロジェクトを開始するに至りました。

はじめに

■先端医療:CD34陽性細胞を使った再生医療とは?
患者自身の骨髄もしくは血液からCD34陽性細胞を分離し、増殖後に投与することで、健康時の状態に戻す医療行為です。長期間にわたり治癒しない難治性骨折の骨の癒合や、糖尿病などが原因で下肢血流障害になり下肢切断のリスクが高い患者の改善が期待されています。
この先端医療は2018年3月に厚生労働省の「先駆け審査指定制度」にて指定されており、早期の治療を多くの方が待たれています。

先端医療:CD34陽性細胞を使った再生医療とは?

■高度先端医療の導入が遅れる理由
これまでは、日本特有の制度により、許認可に多くの時間が必要となるため、技術は進んでいても医療現場海外に遅れをとっている状況でした。これを是正するため厚生労働省は、先駆け審査指定制度を設けて、一定の要件を満たす画期的な新薬や治療方法の許認可プロセスの短縮を図っています。
ただし許認可が出た後でも、イニシャルコストおよび新技術習得の時間から、何世代もの前の中古技術に頼って新技術の導入に踏み切らない医療機関が多いのが現状です。このため難治性骨折や下肢血行障害の治療は3ヶ月に一人しか受けることができないと言われています。 そこでNEGTECは仮想通貨により寄付を募り、先端医療の導入意欲が高い医療機関に対してイニシャルコストとなる導入機器購入費を寄付することで、CD34陽性細胞を使った再生医療をなるだけ早く受信できる環境を作っていきます。
同時に本サイト内にて、この再生医療技術の導入を希望する医療機関を募集し、全国50か所への設置を目指していきます。

高度先端医療の導入が遅れる理由

■プロジェクトの枠組み
寄付いただいた仮想通貨SKBは、時価為替レートで再生医療に必要な機器1台分(為替リスクを含む)の金額に達した時点で、導入可能な医療機関のコインアドレスに移し、その時点のレートによって日本円に換金して発注をいたします。機器購入後の残金はメンテナンスフィーとして計上し、導入した医療機関が他の用途に使うことなく保有いたします。
達成目標に関してはスタート時の為替レートに合わせた1台分の金額となっており、目標値に満たなくても為替レートによって円換算の購入金額に達した場合は機器を購入いたします。

プロジェクトの枠組み

■なぜ仮想通貨を寄付金システムに利用するのか?
ERC20 トークンの技術を使った仮想通貨SKBを利用することで、透明性の高い寄付システムを構築できます。寄付金を集めている会社が不正な場所に送付を行っていないか、受け取った医療機関がいつ換金したかなどが、Ether Scanなどを通して誰でもどこでも閲覧でき容易にチェックすることができます。
また寄付金の受け渡しや購入、および導入についても本ページにて随時公表していきます。

なぜ仮想通貨を寄付金システムに利用するのか?
  • SAKURA BLOOM
  • YouTube
  • Twitter
  • facebook

プロジェクト詳細

■はじめに
SakuraBloomコインを発行している我々NEGTEC社は仮想通貨の持つブロックチェーン技術を社会のために使える場所を探してまいりました。その中で、海外と比較して先端医療技術が実際の医療現場に使用されるまでに時間がかかることを知り、仮想通貨を活用したサポートできる方法を模索し、このプロジェクトを開始するに至りました。

プロジェクト詳細

■先端医療:CD34陽性細胞を使った再生医療とは?
患者自身の骨髄もしくは血液からCD34陽性細胞を分離し、増殖後に投与することで、健康時の状態に戻す医療行為です。長期間にわたり治癒しない難治性骨折の骨の癒合や、糖尿病などが原因で下肢血流障害になり下肢切断のリスクが高い患者の改善が期待されています。
この先端医療は2018年3月に厚生労働省の「先駆け審査指定制度」にて指定されており、早期の治療を多くの方が待たれています。

先端医療:CD34陽性細胞を使った再生医療とは?

■高度先端医療の導入が遅れる理由
これまでは、日本特有の制度により、許認可に多くの時間が必要となるため、技術は進んでいても医療現場海外に遅れをとっている状況でした。これを是正するため厚生労働省は、先駆け審査指定制度を設けて、一定の要件を満たす画期的な新薬や治療方法の許認可プロセスの短縮を図っています。
ただし許認可が出た後でも、イニシャルコストおよび新技術習得の時間から、何世代もの前の中古技術に頼って新技術の導入に踏み切らない医療機関が多いのが現状です。このため難治性骨折や下肢血行障害の治療は3ヶ月に一人しか受けることができないと言われています。 そこでNEGTECは仮想通貨により寄付を募り、先端医療の導入意欲が高い医療機関に対してイニシャルコストとなる導入機器購入費を寄付することで、CD34陽性細胞を使った再生医療をなるだけ早く受信できる環境を作っていきます。
同時に本サイト内にて、この再生医療技術の導入を希望する医療機関を募集し、全国50か所への設置を目指していきます。

高度先端医療の導入が遅れる理由

■プロジェクトの枠組み
寄付いただいた仮想通貨SKBは、時価為替レートで再生医療に必要な機器1台分(為替リスクを含む)の金額に達した時点で、導入可能な医療機関のコインアドレスに移し、その時点のレートによって日本円に換金して発注をいたします。機器購入後の残金はメンテナンスフィーとして計上し、導入した医療機関が他の用途に使うことなく保有いたします。
達成目標に関してはスタート時の為替レートに合わせた1台分の金額となっており、目標値に満たなくても為替レートによって円換算の購入金額に達した場合は機器を購入いたします。

プロジェクトの枠組み

■なぜ仮想通貨を寄付金システムに利用するのか?
ERC20 トークンの技術を使った仮想通貨SKBを利用することで、透明性の高い寄付システムを構築できます。寄付金を集めている会社が不正な場所に送付を行っていないか、受け取った医療機関がいつ換金したかなどが、Ether Scanなどを通して誰でもどこでも閲覧でき容易にチェックすることができます。
また寄付金の受け渡しや購入、および導入についても本ページにて随時公表していきます。

なぜ仮想通貨を寄付金システムに利用するのか?
  • SAKURA BLOOM
  • YouTube
  • Twitter
  • facebook

支援総額

00,000,000skb

目標総額:再生医療機器1台分

  • 0,000

  • 100

導入支援病院は決定後発表いたします。

※使用用途に関してはNEGTECが管理をしていきます。

寄付開始はこちらのページで受け付けます。
開始までしばらくお待ちください。
寄付スタートのお知らせや情報をご希望の方は、メールアドレスをご登録ください。

支援金はSKB WALLETからのSKBでの送付のみに限定させていただきます。
SKB WALLETアプリおよびSKBへの換金方法に関して
は下記サイトを参照してください。
https://www.skb-coin.jp/

医療関係者の方々へ

再生医療導入を希望する
医療施設を募集しております。
こちらからコンタクトをお願いします。